JR東・松本 大会3000号がリベンジ号砲

[ 2013年7月23日 06:00 ]

<JR東日本・新日鉄住金かずさマジック>9回2死一、三塁、JR東日本・松本は右越え3ランを放つ

第84回都市対抗野球準決勝  JR東日本6―0新日鉄住金かずさマジック

(7月22日 東京ドーム)
 リベンジへの「号砲」だった。JR東日本の4番・松本が初回、左翼席中段へ弾丸ライナーの先制2ラン。大会通算3000号のメモリアル弾でチームを3年連続となる決勝の舞台へ導いた。

 「ヒットの延長がホームランという意識だけど打った瞬間、行ったと分かった。でも決勝が本当の勝負」

 9回にもダメ押しの3ランで2発5打点。今大会3本塁打はJX―ENEOSの石川と並んでトップとなったが、本塁打数は全く気にしていない。あるのはJX―ENEOSに雪辱する思いだけだ。昨年は都市対抗、日本選手権でいずれも決勝で敗れた。「さすがに3度続けては負けられない。ガッツポーズは決勝までやらないと決めている」。2本塁打とも淡々とダイヤモンドを回った社会人6年目の28歳。決勝でも4番の仕事をして喜びを爆発させる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月23日のニュース