ダル、6回1/3を無失点で9勝目!イチ封じ連敗ストップ

[ 2013年7月23日 10:53 ]

<レンジャース・ヤンキース>7回途中で降板も、9勝目をマークしたダルビッシュ

ア・リーグ レンジャーズ3―0ヤンキース

(7月22日 アーリントン)
 米大リーグ、レンジャーズのダルビッシュは22日(日本時間23日)、アーリントンでのヤンキース戦に先発、6回1/3で90球を投げ、2安打無失点4奪三振で今季9勝目(4敗)を挙げた。レンジャーズは3―0で勝ち、連敗を4でストップ、後半戦初白星を飾った。

 右僧帽筋の張りで15日間に故障者リスト(DL)に入っていたダルビッシュは7月6日のアストロズ戦以来、中15日での登板。初回、いきなり先頭のガードナーに死球を与えたものの、イチローを遊飛、続くカノを二ゴロ併殺に仕留め、3人で攻撃を終わらせた。

 その裏、レンジャーズは2死二塁からA・ベルトレの中前適時打で先制。1点の援護をもらったダルビッシュは2、3、4回と3者凡退に抑える好投。5回にオーバーベイにこの試合チーム初安打となる左前打を許し、ハフナーに四球を与えて1死一、二塁のピンチを招いたが、そこからギアを一段上げた、ヌネスを力のある速球で3球三振、スチュワートにはスライダーを多投し、二飛に仕留め、無失点で切り抜けた。

 6回も3者凡退に抑えたダルビッシュは7回1死一、二塁と場面で降板したが、救援のロスがハーフナーをニゴロ併殺に抑え、勝利投手の権利を手にした。

 過去14打数7安打と打ち込まれていたヤンキースのイチローとの対戦は、多彩な球種を駆使し、1打席ごとに違った配球でほんろう、この日は3打席で無安打に抑え込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月23日のニュース