済々黌 九州No・1左腕・大竹、準決勝で散る

[ 2013年7月23日 06:00 ]

熊本大会準決勝 済々黌4―5文徳

(7月22日)
 九州No・1左腕、済々黌・大竹が準決勝で散った。3点リードの4回に4連打を浴びるなど6安打を集中されて5失点。「(4回は)抑えたい、抑えたいという焦りがあった。リードを守れなかった自分がふがいない」と声を落とした。

 今春の九州大会で完全試合を達成した文徳のエース本田との投げ合いに敗れて、3季連続の甲子園出場を逃した。今後については「これからじっくり考えていきたい」と話すにとどめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月23日のニュース