横浜 さあ松井に雪辱だ!渡辺監督「対策してきた」

[ 2013年7月23日 06:00 ]

<横浜・横浜隼人>2失点完投の横浜・伊藤

神奈川大会5回戦 横浜3―2横浜隼人

(7月22日)
 桐光学園・松井へのリベンジに向け、横浜の4番が燃えた。ロッテ・高浜の弟・祐仁(ゆうと)だ。初回1死一、二塁から右前適時打を放つと、1点を追う6回には逆転の口火を切る中前打。「自分が打たないといけない」と責任感を口にした。

 松井を擁する桐光学園には昨夏、準々決勝で3―4で惜敗。今春の県大会でも4回戦で松井に完封され、13三振。4打数無安打の高浜は号泣した。「悔しさを忘れられない」。松井討ちを目標に練習に取り組む。速球対策で打撃マシンを約3メートル手前に出し、140キロに設定した球を打ち込んだ。スライダーを見極める練習も繰り返してきた。

 エースの伊藤も9回8安打2失点で完投。6回、同点に追いつき、なおも2死二塁から中前に決勝打も放つなど、打撃でも貢献した。渡辺元智監督は「松井投手対策をしてきた。一泡吹かせたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月23日のニュース