上原7月防御率0・00!同点9回登板で1回零封

[ 2013年7月23日 06:00 ]

ヤンキース戦の9回に登板し、1回を無得点に抑え、チームメートとタッチするレッドソックス・上原

ア・リーグ レッドソックス8―7ヤンキース

(7月21日 ボストン)
 レッドソックスの上原が、21日(日本時間22日)ヤンキース戦で同点の9回に登板し、1回を1安打無失点、2三振に抑えた。今月は10試合に登板して1勝0敗5セーブ、防御率0・00と抜群の安定感。チームは延長11回、ナポリのサヨナラ本塁打で4時間46分の死闘を制し「勝ったしね。疲れが半分なくなった。良かったです」。日付が替わり午前1時を過ぎたクラブハウスで、右腕は安どの表情を浮かべた。

 9回は先頭打者に安打を許したが、後続3人を料理。「ランナーを進めることなく終われたのは良かった」と話した。チームは両リーグ一番乗りで60勝到達。チームトップの46試合に登板し、先月下旬から抑えを任されている上原は「いいペースですけど他(2、3位)が全く負けない。この地区は分からない。最後まで」と、さらなるフル回転を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月23日のニュース