続投は当然!?原監督、渡辺会長に前半戦報告「超越した部分の話を」

[ 2013年7月23日 16:00 ]

 巨人の原辰徳監督が23日、東京・銀座の読売新聞本社を訪れ、渡辺恒雄球団会長と白石興二郎オーナーに首位で折り返した前半戦の報告を行った。会談の中で若手が成長していることを評価されたそうで、原監督は「若い力が出ることが、チームに一番活気をつくる」と話した。

 原監督は今季が2年契約の2年目。来季以降の契約についての話は「全く出ていない」とした上で「それ(契約)を超越した部分の話をした。来年のドラフト戦略にしてもどういう風に考えているか。そういう話はした」と口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月23日のニュース