東芝・萩野4連投いつもの切れなし 救援で4失点

[ 2013年7月23日 06:00 ]

第84回都市対抗野球準決勝  JX―ENEOS7―1東芝

(7月22日 東京ドーム)
 4連投となった東芝の新人・萩野にいつもの球の切れはなかった。6回から登板したが、2回2/3を4失点。準々決勝まで好救援を続けて防御率0・00、3勝をマークしていた左腕は「疲れがないと言えばウソになるけど、そこを含めて実力不足」と肩を落とした。

 目標にしてきた神奈川対決に敗れた印出監督は「互いに手の内を知り尽くした中でのゲーム。完成度が違った」と悔しがった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月23日のニュース