継投策が失敗…西村監督「けん制悪投がきょうの全て」

[ 2012年7月17日 22:59 ]

パ・リーグ ロッテ2―6楽天

(7月17日 QVC)
 ロッテは継投策に失敗して勝ち試合を落とした。8回に1点を勝ち越し、9回は小野を下げて抑えの内を投入した。ところが、内は1死一塁からけん制悪送球で走者を三塁に進め、枡田には同点の犠飛。10回は1死一、二塁での投ゴロに益田が併殺を焦って二塁に悪送球してピンチを広げ、聖沢に勝ち越し打を浴びた。

 好投していた小野を96球で交代させた西村監督は「9回は内に託したが(小野に)申し訳ないことをした。けん制悪投がきょうの全て」と、不機嫌に話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース