ルーキー釜田 1球に泣く…4回5失点でプロ初黒星

[ 2012年7月17日 06:00 ]

<ロ・楽>4回、5失点した釜田は悔しそうに汗を拭う

パ・リーグ 楽天0-5ロッテ

(7月16日 QVC)
 1球に泣いた。楽天の18歳右腕・釜田が4回5失点KO。9試合目の登板でプロ初黒星を喫し、「あの1球が全てでした」と悔やんだ。

 風が吹き荒れるQVCマリンでプロ初登板。この日は本塁方向に10メートル以上の強風が吹く不慣れな環境で、帽子は投球後に4度も飛ばされた。それでも「風は関係ない」と最速147キロの直球を軸に3回まで無失点。だが、落とし穴が待っていた。0―0の4回2死一、二塁。サブローへフルカウントから6球目のスライダーが嶋の内角低めの要求に対し、外角高めへ。左翼席へ吸い込まれる打球に顔をしかめた。動揺は隠せず、次打者・ホワイトセルに死球の後に連打で計5失点。佐藤投手コーチは「釜田は良かった。本塁打の場面だけ。あれ(抜けたスライダー)はサブローに10球投げたら8球は打たれる」と勝負どころの制球ミスを悔やんだ。

 無傷の3連勝で強烈なデビューを飾った高卒ルーキーも6月17日の巨人戦(Kスタ宮城)で完投勝利を挙げて以来、4試合連続白星なし。「後半戦頑張りたいと思います」。悔しい敗戦を糧に自らの力で乗り越えるしかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース