栗山監督 積極采配実らず「はぁ~っ、てことですね」

[ 2012年7月17日 07:32 ]

<日・西>6回、投手交代する栗山監督

パ・リーグ 日本ハム2-2西武

(7月16日 札幌D)
 日本ハムは、9回無死満塁のサヨナラ機を逃しての引き分け。栗山監督は「はぁ~っ、てことですね。監督の伝え方、教え方、やり方が悪いので点が入らない」と歯切れが悪かった。

 中継ぎの谷元を4年目で初めて先発で起用。先発の多田野を中4日で中継ぎで投入するなど積極的に動いたが白星にはつながらなかった。

 中継ぎの増井が8回に3安打を集中されて失点。これでリーグ戦再開後10試合中6試合で失点。チーム試合数の半分、41試合に登板している中継ぎ右腕は「悔しいけどできることはやっている」と話した。この引き分けでAクラスでの折り返しは決定。17日の前半戦最終戦に向けて、指揮官は「どんなことをしてでもいいから勝ちたい」と力を込めた。 

 ▼日本ハム・谷元(プロ4年目で初先発し、5回1失点)中継ぎ時代は使っていなかった速いカーブで中村さんから2三振取れたのが収穫。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース