東北の斎藤主将「石巻工が流した涙を忘れない」

[ 2012年7月17日 06:00 ]

宮城大会3回戦 東北7-0石巻工

(7月16日 Kスタ宮城)
 東北は初回に相手の2失策と3安打を集中して3点を奪うと、7回で10安打7得点の猛攻。五十嵐征彦監督は「(石巻工の)センバツでの一生懸命な戦いを見ていいチームだと思っていた。この試合に懸ける思いは強かった」と素直な気持ちを口にした。

 4安打3打点の斎藤主将も「石巻工が流した涙を忘れないで一戦一戦全力でやりたい」と、石巻工の無念の思いを胸に刻んで戦うことを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース