原監督 審判に指摘された「スコアラーは後列に」

[ 2012年7月17日 08:00 ]

セ・リーグ 巨人2-0阪神

(7月16日 甲子園)
 4回の攻撃前、巨人の原監督が真鍋球審に呼ばれ、ベンチの最前列にいた橋上戦略コーチを後列に下げるよう指示を受けた。

 同コーチはスコアラー登録でベンチ入り。「パ・リーグはアグリーメントにスコアラーは後列と明記されているが、セ・リーグにはない。それでも、スコアラーの立ち位置としてはどうなのかと思った」と球審に指摘した友寄一塁塁審は説明。原監督は「球審の方の指示に従ったというところです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年7月17日のニュース