また援護なく…岩田、好投報われず 5勝目を逃す

[ 2012年7月17日 22:23 ]

セ・リーグ 広島3―2中日

(7月17日 マツダ)
 中日の岩田は7回4安打無失点、四死球なしと広島打線を抑え込んだが、9回に岩瀬が打たれて5勝目を逃した。

 4回までは走者を許さなかった。7回は連打で無死一、二塁とされたものの、堂林のバントを流れるような動きで処理し、三塁封殺に仕留めるなど好守も光った。

 前回登板した6日のDeNA戦も、8回無失点ながら打線の援護がなく、白星をつかみ損ねた。それでも右腕は「結果的に7回無失点なのは良かった」と前向きに話し、気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース