青木 「一番大事」19試合連続出塁で追加点に貢献

[ 2012年7月17日 12:58 ]

カージナルス戦の1回、三邪飛に倒れるブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ2―3カージナルス

(7月16日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの青木は16日、ミルウォーキーで行われたカージナルス戦に「1番・右翼」で出場して3打数無安打だった。内容は三邪飛、左飛、二ゴロ、四球で打率2割9分2厘。チームは2―3で負けた。

 青木は「甘い球がなかった」という相手先発リンを攻略できず、3試合ぶりの無安打。それでも8回の四球で追加点につなげ、「一番大事なこと」という出塁を19試合連続に伸ばした。

 しかしチームは逆転負けを喫し「勝てる試合を落とした」とがっかりしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース