武田勝も感謝!鶴岡 好リードで勝利導く

[ 2012年7月17日 23:05 ]

パ・リーグ 日本ハム3―1西武

(7月17日 札幌D)
 日本ハムの武田勝の6勝目は、鶴岡の好リードが生んだ。鶴岡は「西武にちょこちょこ当てられるのが嫌で」普段決め球にするチェンジアップを温存。直球を軸に凡打の山を築き、終盤の要所で沈む球を使った。

 7回無死一、二塁では、バントの構えの浅村にスライダーを4球続け、最終的に三ゴロ併殺打とした。武田勝は「今まで後半にチェンジアップやスライダーが高めに浮いていた。そこをしっかりツル(鶴岡)が見ていてくれた」と感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース