前年最下位チームが前半戦首位ターンは3チーム目

[ 2012年7月17日 06:00 ]

パ・リーグ ロッテ5-0楽天

(7月16日 QVC)
 前年リーグ最下位のロッテが前半戦の首位ターンを決めた。73~82年の2期制を除き、ロッテが前半戦を首位で折り返すのは60、70年に記録して以来、42年ぶり3度目。過去2度はいずれもリーグ優勝に結びつけている。

 また、前年最下位のチームが翌年前半戦を首位で折り返すのは珍しく、過去に64年阪急、01年近鉄とあるだけでロッテは3チーム目。ちなみに64年阪急は南海に逆転され最終2位、01年近鉄は後半戦で一時首位の座を譲ったが、9月26日オリックス戦で北川が代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち優勝を決めている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース