国学院久我山「最初のヤマ場」堀越下し16強

[ 2012年7月17日 06:00 ]

<国学院久我山・堀越>2失点完投した川口

西東京大会3回戦 国学院久我山4-2堀越

(7月16日 府中市民)
 国学院久我山が第2シード・堀越との実力校同士の対戦に競り勝ち、16強入りを決めた。高良武士監督が「最初のヤマ場」と話していた一戦に誰よりも闘志を燃やしていたのが、プロも注目するエースで4番の川口だ。

 6安打に5四死球と本来の調子ではなかったが「主戦として気持ちで周りを引っ張っていかないと」と、2失点で完投した。普段あまり感情をあらわにしないエースが何度も雄叫びを上げ、積極的な声掛けで仲間を鼓舞。3回以外は毎回走者を背負いながらも野手が好守で応えた。

 「ピンチを背負っても周りを信じて動じなくなった」と高良監督もエースに全幅の信頼を寄せる。昨春のセンバツでは九州学院に敗退。悔しさをバネに「真のエースになる」ことを求めてきた川口が、91年以来21年ぶりの夏切符を引き寄せる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース