ミスミス敗戦…渡辺監督「あれだけミスしたら流れが相手に移る」

[ 2012年7月17日 22:18 ]

パ・リーグ 西武1―3日本ハム

(7月17日 札幌D)
 西武はバント失敗が痛かった。6回無死一塁では原のバントが投手への飛球となり、続くヘルマンが併殺打。7回無死一、二塁では浅村がバントを2度ファウルにし、打たせた結果は最悪の三ゴロ併殺打だった。

 どちらもその裏に失点し、渡辺監督は「あれだけミスしたら流れが相手に移る。つなぎの選手がきっちりできないと」と指摘。再び借金生活に戻り「雑な面を修正して後半はきっちりした野球をしたい」と課題に挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース