ここでも木内マジック脈々!持丸専松 鮮やか逆転

[ 2012年7月17日 06:00 ]

<専大松戸・柏中央> 大勝した専大松戸・持丸監督だったが表情を引き締める

千葉大会3回戦 専大松戸8-2柏中央

(7月16日 船橋市民)
 常総学院元監督の持丸修一監督率いる専大松戸が柏中央を逆転で下し、4回戦進出を決めた。「打線全体としては良くなかった。もっと初球からガンガン打たないとこれから苦労するよ」と、夏の戦いを知り尽くした指揮官は勝利にも気を引き締めた。

 04年から4年間、指揮を執った常総学院では木内総監督とのコンビで、春夏計3度、甲子園に導いた。この日は「9番・二塁」で先発起用した山川が4安打を放つなど「木内マジック」ならぬ「持丸マジック」も。山川は「(6回の)バントヒットはノーサイン。練習試合でも何度かやっている」と胸を張った。

 6回に4安打を集中し5得点を挙げるなど、選手自身も考えながらプレーできるのが今年のチーム。同校初の甲子園出場に向け、機は熟した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース