ルーキー吉原が全国初完封!日本生命は大会通算50勝

[ 2012年7月17日 06:00 ]

<日本生命・四国銀行>完封勝利を挙げ、ガッツポーズをする日本生命・吉原

第83回都市対抗野球1回戦 日本生命1―0四国銀行

(7月16日 東京D)
 初の全国大会で日本生命のルーキー右腕・吉原が大仕事をやってのけた。「まさか1年目で完封できるなんて」。本人が一番驚いていた。初回の1点を守り、今大会完封一番乗り。大会最多54度目の出場となった名門に史上5チーム目の大会通算50勝をもたらした。

 東農大時代は東都2部リーグで通算15勝を挙げたが、全国大会とは無縁。1万9000人の観衆を前に「ウチの応援の方が多かったから心強かった」と大舞台を楽しんだ。2回2死一、二塁のピンチを三振で切り抜けると、リズムに乗った。「打たせて取ろうと切り替えた」と8安打されながらも、得意のフォークで要所を締めた。九州から招待していた両親の前で最高の晴れ姿をプレゼント。多くの名選手を輩出してきた社会人野球の名門が若い力を得て、新たな歴史を刻み始めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース