松井 9回2死から代打も見逃し三振「難しいのは難しいが…」

[ 2012年7月17日 12:02 ]

インディアンス戦の9回、代打で見逃し三振に倒れたレイズ・松井

ア・リーグ レイズ2―3インディアンス

(7月16日 セントピーターズバーグ)
 レイズの松井は16日、セントピーターズバーグで行われたインディアンス戦で2―3の9回2死から代打で登場し、見逃し三振に倒れた。打率1割6分5厘。チームはそのまま2―3で敗れた。

 1ボール2ストライクと追い込まれた松井は、4球目の外角いっぱいのスライダーを見逃して試合終了。「ストライクと言われたらストライク。いい球だった」と振り返った。

 痛めた左太腿裏の回復は順調だが「守備となると、全力で走れなくっちゃなかなかできない」ため、代打での起用が多い。松井は「難しいのは難しいが、期待されて出されているから、何とかしたいと思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース