10人一挙6点!JFE東日本“フライ禁止”打線爆発

[ 2012年7月17日 06:00 ]

<JFE東日本・伏木海陸運送>7回無死満塁、落合の中前適時打で生還し、ナインにハイタッチで迎えられるJFE東日本・生多

第83回都市対抗野球1回戦 JFE東日本7―0伏木海陸運送

(7月16日 東京D)
 1―0の7回にJFE東日本打線に火が付いた。

 先頭・尾張の右前打を口火に生多(おぶた)、落合、大沢がそれぞれ2点適時打を放つなど、打者10人で一挙6点。「ずっとフライを打ち上げていたからゴロを打て、と指示しました」。6回まで1点止まりの打線が、青野達也監督の一言で秋から取り組んできた打撃を思い出した。東海大ではロッテの大松と同期だった落合やデンマーク人の父を持つ新加入の4番トマセンを軸に、3月のスポニチ大会に続く頂点を狙う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月17日のニュース