ルーキー大田9K完投!兵庫 単独2位浮上

[ 2012年6月3日 02:33 ]

プロ入り初完投勝利を挙げた兵庫の大田秀奈美

 日本女子プロ野球リーグは2日、わかさスタジアム京都で前期の1試合を行い、兵庫が2―1で大阪を下した。

 兵庫は3回、2死から三浦が敵失で出塁、佐藤が死球の一、二塁で、この日右肩脱臼から復帰した厚ケ瀬が左中間タイムリー二塁打で2点を先制した。投げては、新人の先発・大田がリーグ新となる5者連続三振を奪うなど、リーグタイの1試合9奪三振。6回に1点を失ったものの、7回4安打1失点(自責0)の快投でプロ入り初完投の2勝目を挙げた。兵庫は連敗を3で止め、単独2位となった。

 大阪は、先発・小西が2安打に抑える好投で完投も、味方の援護に恵まれず、再び最下位に転落した。

 ▽厚ケ瀬美姫(先制のタイムリー)みんなより休んでいたので、今日は本当に頑張らないといけないと思った。打ったんですが、守備ではエラーをして点が入ってしまったんで、その部分は本当に大田に迷惑を掛けたなと思います。

 ▽大田秀奈美(4安打、9奪三振で初完投)自分の投球が出来たと思う。もう気持ちで投げるしかないと思って。気持ちしかなかったです。5者連続三振というリーグ記録も全然知らなかったのですが、5個目をとった時はうれしかったです。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月3日のニュース