1番・イチロー2打席連発!「気が利いたことは言えないですね」

[ 2012年6月3日 09:39 ]

ホワイトソックス戦の1回、先頭打者本塁打を放ち一塁を回るマリナーズのイチロー。右端はベンチで喜ぶ川崎

ア・リーグ マリナーズ10―8ホワイトソックス

(6月2日 シカゴ)
 マリナーズのイチローは2日、シカゴで行われたホワイトソックス戦に「1番・右翼」で出場し、2打席連続本塁打を放った。6打数2安打2打点で、内容は右越え本塁打(打点1)、右越え本塁打(打点1)、三直、三ゴロ、遊ゴロ、遊ゴロ。打率は2割7分1厘。チームは延長12回の激闘を制し、10―8で勝った。

 前日、今季54試合目で初めて1番に復帰し、この日が2試合目。イチローは初回の第1打席、1―1から右腕フロイドの3球目の直球を振り抜き、右翼フェンスを越える先頭打者アーチ。4月18日のインディアンス戦以来の今季2号となった。

 イチローは2―2の3回にも先頭打者で登場すると、またもフロイドの直球をとらえて右翼スタンドへ勝ち越しの3号ソロを放った。

 ▼イチローの話 (1番に戻って2試合目で2打席連続本塁打)ちょっと気が利いたことは言えないですね。(3番との違いは)何ですかね、(周囲の)空気をものにする時間が(3番では)必要なので、それにずっと苦労した感じですかね。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月3日のニュース