塩見に8回の壁…「同じ年」マエケンに投げ負ける

[ 2012年6月3日 06:00 ]

<楽・広>8回、梵に適時二塁打を打たれ塩見は降板

交流戦 楽天3-4広島

(6月2日 Kスタ宮城)
 広島の前田健に投げ負けて5敗目を喫した楽天の塩見は「同い年だし勝ちたかった」と唇をかんだ。

 7回まで3安打無失点と踏ん張っていたが、疲労で逆球が目立ち始めた8回に2失点。「疲れたときにどれだけ自分の投球ができるかが課題」ともどかしそうな表情を浮かべた。今季4度目の3連敗で貯金が1まで減った星野監督は「塩見は毎度おなじみ。7回、100球(以降)を乗り越えないと、ローテ投手とは言えない」と奮起を促した。

 ▼楽天・榎本(9回に代打でプロ初安打)一本出て安心したけど、ここからがスタート。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月3日のニュース