落合抜いた 金本、史上最年長で通算1500打点達成

[ 2012年6月3日 16:01 ]

<日・神>5回、通算1500打点となる2点二塁打を放ち、花束を手に声援に応える阪神・金本

交流戦 阪神―日本ハム

(6月3日 札幌ドーム)
 阪神の金本知憲外野手(44)が3日、日本ハム4回戦で2打点をマークし、史上9人目の通算1500打点を達成した。44歳2カ月での達成は落合博満の42歳8カ月を抜き、最年長記録。

 金本は1―2の5回2死一、三塁、右翼線へ2点二塁打を放った。

 金本の初打点は広島時代の1993年9月4日の横浜戦。この日が2501試合目の出場で、張本勲の2368試合を超え、最も遅い到達にもなった。

 ▼阪神・金本の話 久々に打点を挙げられたことは素直にうれしい。ただ1500打点は、それほど気にしていない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月3日のニュース