山内 自己ワーストタイ5失点で交流戦初黒星

[ 2012年6月3日 06:00 ]

<ロ・中>5回裏2死から井口に5失点目となる本塁打を浴びマウンド上でシャドーピッチングする山内
Photo By スポニチ

交流戦 中日0-9ロッテ

(6月2日 QVC)
 中日の山内が5回を6安打、自己ワーストタイの5失点で3敗目を喫した。

 初回先頭の岡田の中前打と大島の失策などで1死三塁とされると、井口を歩かせた後にサブローに左前適時打を浴び先制点を献上。さらにこの回2点を追加された。「初回は1点を惜しんで3点取られてしまった」と井口への四球を悔やんだ。吉見、ネルソンらが不在の中、チームトップの5勝を挙げる右腕が、交流戦初黒星となった。

 ▼中日・権藤投手コーチ(先発の山内について)いいところに打球が飛んだだけ。勝ち負けじゃない。責任回数を投げることがローテーション投手の仕事。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月3日のニュース