センバツ決勝以来…藤浪「先発は疲れた」 それでもきっちり零封

[ 2012年6月3日 15:20 ]

春季高校近畿大会決勝 大阪桐蔭4―0智弁学園

(6月3日 明石トーカロ)
 選抜大会優勝の原動力となった大阪桐蔭のエース藤浪が実力を見せつけた。同大会決勝以来の先発で立ち上がりこそ力みが見られたが、要所を締めて7回を零封。「久々で難しかったけど、しっかり粘れてよかった」と手応えを口にした。

 1回戦は2イニングだけの登板だった。この日は後半に制球力や球の切れが落ちたといい「先発は疲れた。(夏には)9回まできっちり投げられるようにしたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月3日のニュース