慶大・阿加多4安打!明大コンビ上回り打率トップに

[ 2012年6月3日 06:00 ]

<早大・慶大>10回無死、右中間を破る三塁打を放つ阿加多

東京六大学野球リーグ最終週第1日 慶大5―3早大

(6月2日 神宮)
 早慶戦1回戦が行われ、慶大が延長10回の末、早大を5―3で下した。阿加多(あがた)直樹捕手(4年)が4打数4安打の固め打ちで、打率・452とし、トップに立った。早大は先発の吉永健太朗投手(1年)が5回途中で降板。9回に3点差を追いついたが、最後は5番手・有原航平投手(2年)が踏ん張れなかった。
【試合結果】

 慶大の阿加多が4安打を放ち、打率・452でリーグトップ。延長10回には先頭で右中間三塁打を放ち、決勝のホームを踏んだ。「打てば打率が上がるぞと周りから言われていた。まさかこんなに打てるとは思わなかった」と驚いた様子。昨年春のDVDを見て、バットを引いた状態で構えるフォームに変更したことが奏功した。

 すでに日程を終えている明大の小室、高山の・417を上回り、3日の2回戦でチームが勝利し、全日程が終了すれば、4打数1安打でも首位打者が確定する。江藤省三監督は「早慶戦らしい、いいゲームだった。(阿加多は)勝つ時はああいう選手が出ないと勝てない」と称えた。

 ▼慶大・横尾(日大三の同期・吉永には2打数無安打も7回にリーグ戦1号)吉永には意識し過ぎて思うようなスイングができなかった。(大観衆に)人が入っている方が燃えますね。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年6月3日のニュース