またデービッドソン審判!ジラルディ監督、退場に怒り心頭

[ 2012年6月3日 14:46 ]

タイガース戦で、デービッドソン球審(左)に抗議するヤンキースのジラルディ監督

ア・リーグ ヤンキース3―4タイガース

(6月2日 デトロイト)
 ヤンキースのジラルディ監督は、7回の攻撃中にストライクの判定を巡ってベンチから球審に抗議し、ロング打撃コーチとともに退場処分を受けた。

 球審は2006年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で物議を醸す判定を連発したデービッドソン審判員。ジラルディ監督は「審判は試合を平穏に進めるのが仕事だが、そうでなかったようだ」と怒り心頭。チームは黒田を援護し切れず、サヨナラ負けで、散々な一日となった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月3日のニュース