高崎 島田が7失点…悲願の甲子園1勝はお預け

[ 2012年3月25日 19:59 ]

第84回選抜高校野球第4日 第4試合 高崎2―7近江

(3月25日 甲子園)
 昨秋の関東大会で4強に入った高崎は初戦で敗れた。

 エースの島田が7失点。同点の4回には6安打を浴びて一挙4点を奪われた。「チームメートに申し訳ないと言いたい。中途半端な高さでとことん打たれた」と涙を浮かべた。雨でノーゲームとなった前日に、3回途中まで登板していた影響については「ない」と言い訳しなかった。

 学業と野球の両立を評価されて、関東・東京地区の21世紀枠にも推薦されたが、一般選考で出場した。31年ぶりに踏んだ甲子園のグラウンドで、悲願の1勝の夢はかなわなかった。31年前に選手として出場した境原監督は「自分の時よりは落ち着いていた。甲子園で勝つのは大変。この大会を通過点に夏に向かって頑張りたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月25日のニュース