履正社、地球環境に競り勝った 6番沖田が勝ち越し2ラン

[ 2012年3月25日 12:55 ]

<地球環境―履正社>6回裏履正社2死三塁、沖田が左越えに2ランを放つ

 第84回選抜高校野球大会第4日は25日、甲子園球場で1回戦を行い、第2試合は2年連続4度目出場の履正社(大阪)が、6番沖田の一振りで通信制として初の甲子園出場の地球環境(長野)を振り切り、5―2で初戦を突破した。

 昨春のセンバツ4強の履正社は1―1の同点で迎えた6回2死三塁の場面で、沖田が内角低めをレフトスタンドに運ぶ2点本塁打を放って均衡を破ると、続く7回にも2点を追加。粘る地球環境を突き放した。3人の投手をつぎ込む継投策も的中し、余力を蓄えて2回戦へ進んだ。

 地球環境はチャンスは作るもあと1本が出ず、初戦で涙を飲んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月25日のニュース