父子で4番の作新・高山2安打「不思議な感じ」

[ 2012年3月25日 06:00 ]

<作新学院・倉敷商>4回2死二塁、作新学院・高山は左越え適時二塁打を放つ

センバツ1回戦 作新学院7―3倉敷商

(3月24日 甲子園)
 作新学院は打線も今月上旬に右鎖骨を骨折した主砲・篠原を欠きながらも11安打7得点と爆発した。

 篠原の代役として4番に座った高山は、父・道夫さんも作新学院の選手として77年春、78年夏の甲子園に出場。78年夏の福井商戦は「4番・一塁」で先発も4打数無安打で、2度の甲子園はいずれも初戦敗退だった。父と同じ「4番・一塁」で2安打1打点の活躍を見せた高山は「不思議な感じ。チームが勝てて良かった」と笑顔で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月25日のニュース