「7回から意識していた」背番号4 甲子園初マウンドで完封勝ち

[ 2012年3月25日 14:45 ]

<北照―光星学院>先発した光星学院・城間
Photo By スポニチ

第84回選抜高校野球第4日 第1試合 光星学院3―0北照

(3月25日 甲子園)
 優勝候補の光星学院は3季連続で初戦突破。先発した背番号「4」の城間はテンポの良い投球でコーナーを丁寧に突き、要所を締めて完封した。

 「7回ぐらいから完封を意識していた」という城間だったが、7、8、9回とも走者を三塁にまで進められた。それでも冷静な投球と味方の堅い守備で最後までホームを踏ませず、甲子園初マウンドで7安打完封勝利。「ほっとした。要所で抑えられてよかった」と満面の笑みを浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月25日のニュース