「うまく盛り返せてきた」青木 開幕前に手応えの2安打

[ 2012年3月25日 09:35 ]

ホワイトソックス戦の4回、中前適時打を放つブルワーズ・青木

オープン戦 ブルワーズ4―6ホワイトソックス

(3月24日 アリゾナ州メリーベール)
 ブルワーズの青木はホワイトソックス戦に「8番・右翼」で出場し3打数2安打1打点。内容は二塁内野安打、中前打(打点1)、右飛で、9回の守備から退いた。試合は4―6で敗れた。

 青木は4回1死一、二塁、「体が反応した」と変化球をきれいに捉えて中前適時打。ここ5試合で10打数6安打と好調で「いい状態になっている」と満足げに振り返った。

 快足を飛ばした3回の内野安打も、右飛も腰が入った打撃だった。キャンプ当初は不慣れな環境に気疲れしたが、ここにきて「見ている景色がいつも一緒」と野球に没頭できる土台を固めた。一時の不調から「何とかうまく盛り返せてきた」と笑顔に自信をにじませた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月25日のニュース