巨人 税務処理めぐり反論「修正申告した事実はない」

[ 2012年3月25日 06:00 ]

 巨人は24日、選手との契約に関連した過去の税務申告について、前日とこの日に朝日新聞から取材を受けたことを明かした。

 質問は03年3月期、04年3月期の税務処理にあたかも問題があったかのような内容だったとし、取材に対して反論。「巨人軍が税務当局の指摘に応じ、修正申告したという事実はない」などと、詳細に説明したという。一方の朝日新聞は25日未明、デジタル版で「巨人に国税が見直し指導」の見出しで報道。東京国税局が04年に税務調査を行い、最高標準額を超え、分割払いされている契約金の会計処理について見直すよう指摘していたことが分かった、などと報じた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月25日のニュース