高崎の倉金 けが押して4安打!指揮官「半信半疑で出したが…」

[ 2012年3月25日 19:46 ]

<近江―高崎>4回表高崎無死一塁、倉金が左越えに適時二塁打を放つ

第84回選抜高校野球第4日 第4試合 高崎2―7近江

(3月25日 甲子園)
 4安打と活躍した高崎の倉金は、けがを押しての出場だった。練習試合で右手中指を剥離骨折したという。「何としても復帰して、プレーしたかった」という執念が大舞台で実った。

 テーピングをした中指は大きく腫れている。本人は「痛みはない」と気丈だが、周囲には診断の詳細を明かしていなかったそうだ。境原監督は「弱音を吐かないタイプ。半信半疑で出したが、こんなに活躍するとは思わなかった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月25日のニュース