2度目の無失点も 首ひねる上原「納得していない」

[ 2012年3月25日 09:45 ]

エンゼルス戦の7回に登板し、1回を三者凡退に仕留めたレンジャーズ・上原

オープン戦 レンジャーズ2―3エンゼルス

(3月24日 アリゾナ州サプライズ)
 レンジャーズの上原はエンゼルス戦で1―3の7回に3番手で登板し、1回を三者凡退、1三振だった。勝敗は付かなかった。チームは2―3で敗れた。

 上原は7回に登板し、左打者3人を相手に快打を許さなかった。先頭は速球で追い込み、フォークボールで空振り三振。続く2人には球が浮く場面もあったが二ゴロに仕留めた。

 6度目の登板で2度目の無失点となったが、右腕は「三振も甘い球だし、納得はしていない」と首をひねる。乾燥する気候により、球の扱いに手を焼いている様子だが「いろいろその辺を試していることがある」と話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月25日のニュース