15度目のガチンコ!ドラフト候補右腕散った!

[ 2008年7月25日 14:21 ]

 高校野球の宮城大会は25日、Kスタ宮城で決勝戦が行われ、夏の大会決勝で15度目の顔合わせとなる仙台育英と東北が激突。プロ注目の東北・萩野から育英が4回に右前適時打で貴重な1点を奪い、これを2年生エース穂積と木村のリレーで守りきり、1-0で勝った。

 仙台育英は3年連続21度目の甲子園出場で、東北の20回を抜き、県内最多となった。決勝の対戦成績は育英の10勝5敗。
 仙台育英の甲子園での初戦は6日目(8月7日)第4試合に決定。対戦相手は26日以降に決まる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月25日のニュース