貫禄のセンバツ4強右腕 3球団スカウトの前で快投

[ 2008年7月25日 08:49 ]

 【千葉経大付7-0東京学館船橋】西千葉大会準決勝で千葉経大付が今春センバツ4強の力を見せつけ7回コールド勝ち。2年ぶり3度目の夏の甲子園に王手をかけた。巨人、中日、ロッテのスカウト陣がそろう中、エース斎藤が3安打完封。最速140キロの直球と鋭く曲がるスライダーを低めに集め「思ったところにコントロールできた」と汗をぬぐった。打線も2回2死満塁から樋口が三塁打を放つなど9安打で7得点。松本監督は「気持ちいい勝ち方だった」と顔をほころばせた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月25日のニュース