工業が“本番”で先制パンチ!名門商業に勝った

[ 2008年7月25日 15:26 ]

 高校野球の山口大会は25日、西京スタジアムで決勝戦が行われ、下関商と下関工の対戦。夏の大会の前哨戦となる県会長杯争奪大会と同じ顔合わせで、その時は下関商が勝ったが、夏の本番では初回に5点の先制パンチを食らわせた下関工が、その後も優位に試合を進め、7-3で勝利。初の甲子園出場をつかんだ。

 下関工の甲子園での初戦は初日(8月2日)第1試合、開幕戦で駒大岩見沢(北北海道)との対戦が決まった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月25日のニュース