好守の小谷野が多田野援護の全打点

[ 2008年7月25日 22:37 ]

2回、先制ソロを放ち、跳び上がってマスコット人形を客席に投げ込む小谷野

 【日2―1西】日本ハムの小谷野が殊勲の活躍を見せた。2回の先制2号ソロに続き、1―1と追い付かれた直後の6回1死二塁では、初球の変化球を思い切って振り、左前へ勝ち越し打。チームの全2得点を叩き出し、好守も披露する働きだった。

 打率はまだ2割5分を切るが、勝負強さを発揮。「場面に応じて何ができるかを考えている。自分らしく振れるようになってきた」と手応えを感じていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月25日のニュース