唐川の試練は続く…自己ワースト8失点

[ 2008年7月25日 21:59 ]

 【ロ0―14ソ】ロッテの唐川は前回に続いて打ち込まれ、自己ワーストの8失点。「いい球と悪い球がはっきりし過ぎていた」

 依然、課題のセットポジションでの投球になると、制球力を欠く球が増える。4回無死一塁から小久保に浴びた2ランも直球が狙ったコースより内に入っていた。「高さは良かったが…。きょうはこの球のように、シュート回転する球が多かった。打たれた球はすべて打たれるべくして打たれた球」と唐川。プロ初勝利を挙げた地で初の連敗を喫し、再び試練が訪れた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月25日のニュース