16年ぶりの頂上対決で16度目の県内最多出場決めた

[ 2008年7月25日 16:53 ]

 高校野球の富山大会は25日、富山市民球場で決勝戦が行われ、16年ぶり2度目の顔合わせとなった、県内最多16度目の夏制覇を狙う高岡商と9年ぶりの栄冠を目指す新湊が対決。接戦を展開したが終始一歩リードした高岡商が新湊を3-2で振り切り、3年ぶり16度目の甲子園出場となった。

 高岡商の甲子園での初戦は4日目(8月5日)第4試合で大府(東愛知)との対戦が決まった。
 
 

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月25日のニュース