“オリックス花火”で香月3季ぶり白星

[ 2008年7月25日 21:39 ]

楽天に快勝しファンの声援に手を振って応えるオリックスナイン

 【オ8―1楽】オリックスが一発攻勢で3連勝。2―0の3回に北川のソロで加点し、6回はローズの25号2ラン、相川のソロで3点を追加。7回はカブレラが19号2ランを放った。香月が5回1失点で3季ぶりの白星。楽天は元気なく4連敗。

 ≪一発呼ぶローズJr≫3―1の6回無死一塁。ローズがリーグトップの25号2ランを右中間席に運んだ。ベンチで選手たちとハイタッチを交わした後、客席に向かって誇らしげに左手を上げた。視線の先にいたのは、24日に来日した愛息カール君だ。
 「息子が日本に来て、1本目がいいところで打ててよかった」とローズ。近鉄時代から子供がやってくると途端に打ちまくる。昨季も来日中は21試合で13本塁打。この日は主砲の一発が流れを呼び込み、相川、カブレラも本塁打を放った。
 大石監督代行は「出だしで打って、験がいいですね」と満面の笑み。ローズは「うれしいよ。今後も1試合1試合やっていく」と気を引き締めた。今後の大爆発を予感させる不動の4番の活躍で、チームも3連勝で4位に浮上した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月25日のニュース