ブラジル留学生が甲子園へ 本庄一初優勝

[ 2008年7月25日 12:17 ]

 高校野球の北埼玉大会は25日、県営大宮球場でブラジル人留学生投手の伊藤ディエゴ(2年)らを擁する本庄一が、4-3で上尾に勝ち、春夏通じて初の甲子園出場を決めた。

 本庄一は3回、1死満塁の好機に左翼線二塁打が飛び出し2点を先制した。その裏上尾も犠飛で1点を返したが、本庄一はさらに2点を追加。上尾は7、9回に1点ずつを返したが、力及ばず24年ぶりの甲子園出場はならなかった。
 本庄一の甲子園での初戦は4日目(8月5日)第1試合で開星(島根)との対戦が決まった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月25日のニュース