教員志望で進学濃厚も通算29発の左にプロは注目

[ 2008年7月25日 08:01 ]

 【近大付3-1上宮太子】南大阪大会準々決勝で1―3で近大付に敗れ、高校通算29本塁打の上宮太子・林の夏は終わった。「四番・一塁」で先発も3の0、1死球。7回の無死一、二塁の好機には見送り三振に倒れた。

 「ボールかな、と思ったけど、難しい球はカットしないといけない」と悔やんだ。オリックス・谷スカウトは第1打席の左飛に注目。「左打者として逆方向に持っていくなど打撃センスを感じる」と評価した。進路は教員免許取得の希望もあり東海大進学が濃厚だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月25日のニュース