公立・沼南が「神懸かり的」決勝進出

[ 2008年7月25日 06:00 ]

 西千葉【沼南4―3敬愛学園】1学年4クラスの県立がミラクルを起こした。1点を追う9回に田頭、西川の連続三塁打で追いつくと、続く1死一、三塁から佐々木が決勝の左前タイムリー。7回にも2点三塁打を放つなど3安打3打点の活躍に「積極的にいったのがよかった」と笑みをこぼした。中西監督は「神懸かり的。興奮しました。こんな勝ち方ができるなんて(6月に亡くなった)五十嵐コーチの力でしょう」と話していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月25日のニュース