シビれた…全国制覇経験校、最後はサヨナラ本塁打

[ 2008年7月25日 18:43 ]

 北大阪大会は25日、準決勝が行われ2年ぶりの甲子園を目指す大阪桐蔭が延長戦の末、決勝に進出した。

 初回に先制した桐蔭だが箕面東のエース、清水に一発を浴びにすぐに追いつかれた。その後、桐蔭は好機をものにできず延長戦に突入。10回裏、桐蔭の先発投手だった奥村が自らの失点を取り返す、劇的なサヨナラ本塁打を放ち2-1で辛勝。東海大仰星に8-6で打ち勝った履正社と決勝で戦うことになった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2008年7月25日のニュース