昨年、33年前とまとめてリベンジ あとは甲子園だけ!

[ 2008年7月25日 08:12 ]

 【沖学園8-3東福岡】あれから1年、決勝のリターンマッチ。福岡・沖学園が昨年決勝の雪辱を果たして、東福岡に快勝。2年連続の決勝進出だ。初回に3点を先制されたが、すぐに同点とし、3回に1点、7回に4点を奪って突き放した。福岡市内の学校から移動するバスの中で、昨夏の甲子園2回戦で東福岡が2―14で大敗したビデオを繰り返し見た。“秘策”がはまって東福岡の先発・小原に11安打を浴びせた。

 前田監督は「昨年の悔しさを晴らしたかったですからね。昨秋の県大会決勝では勝ったけど、やはり夏の大会で勝たないと」と勝利の喜びをかみしめていた。指揮官にはそれとは別な思いもあった。柳川商時代、75年の福岡大会決勝で小倉南に敗れた。その時の小倉南の主将が東福岡の葛谷監督だった。二重のリベンジを果たして甲子園へ王手だ。「決勝は技術より精いっぱいやるだけ」と前田監督。もう銀メダルはいらない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月25日のニュース